26
10月

デメリットにも目を向けよう

フリーランスは、家庭生活が忙しい人や、収入アップを目指している人にとって、魅力のあるIT業界の働き方として関心が寄せられています。こうした働き方は、時間に融通が利きやすいことや、仕事量を上手く調整することで無理なく仕事を続けられるというメリットがあります。

一方、新しくフリーランスとして開業をするうえで、顧客のニーズに合うサービスを自ら考案する必要があることはもちろん、集客力を高めるためのノウハウの習得に時間が掛かるいうデメリットにも目を向けることが大切です。近頃は、ITの技術者を対象としたクラウドソーシングの為のウェブサイトが続々と登場していることから、以前よりも開業のハードルが低くなっているものの、クライアントとのやり取りに気を遣ったり、様々な要求に耐えうるスキルを身につけたりすることが肝心です。

現在のところ、フリーランスの仕事に取り組んでいる人の体験談がビジネスに関連する情報誌などに掲載されることがあります。そこで、効率よく集客力を高めるうえで、仕事の獲得方法やクライアントとの交流のコツをじっくりとマスターすることが大事です。

一般的に、システム設計や運用、管理などの専門的なスキルを持つ技術者は、業界内で引く手あまたの状況となりつつあります。そうした中、満足のいく報酬額を受け取るために、日ごろから様々な立場のクライアントに対して、技術力の高さをしっかりと伝えることがポイントです。