27
9月

フリーランスに特有な仕事の獲得方法

クライアント常駐型のフリーランスの場合、休日は会社の就業規則に合わせることが基本です。ただし、フリーランスになると事務処理を行う時間が必要となるため、休日にその対応をすることがあります。具体的には、確定申告のための会計ソフト入力作業、請求書や見積書の作成と送付、税理士との打ち合わせなどが当てはまります。それ以外は基本的に会社員との違いはありませんが、フリーランスとして意識の変化により、休みの過ごし方が変わる場合があります。

一つ目は、心身への気遣いです。会社員と違い、怪我や病気になっても有給休暇の適用はなく収入が途絶えてしまうため心身の健康管理が重要です。しっかり休息をとることはもちろんのこと、心身のリフレッシュも意識する必要があります。

二つ目は、スキルの向上と人脈の醸成です。背景として会社のような教育制度がないことや、仕事の機会を広げていく必要性から、自身のスキルを高めていくことはもちろんのこと、仕事の獲得方法として勉強会への参加や、あらゆるコミュニティへの参画による人脈育成が重要です。

信用や信頼がある人に仕事の紹介があるのはどの業界でも共通の話ではありますが、クライアントからの確かな信頼を得ることで、定期的に仕事を依頼されるようになり、安定的な収入源の確保につながります。休日を利用して自身の働き方を見直すことが、仕事の獲得だけでなく、労働の質的向上に繋がるため覚えておきましょう。